ホーム
「方言」ってなに?

「方言」ってなに?

言葉には全国共通の「標準語」とある特定の地域だけに通じる「方言」があります。都心から離れていくほど方言が複雑になっていますが、なぜ「方言」というものができたのでしょうか。方言の成り立ちを見ていきましょう。

Pocket

方言の成り立ち

方言が成立したのは「都から地方に言葉が伝わる速度」と「地方がそれぞれの国として独立していたこと」の二つの説が有力だと考えられています。
まず、「言葉が伝わる速度」の説ですが、かつては今のように交通が発達しておらず自由に移動することもままなりませんでした。水面に石を投げ入れる様子を思い浮かべてみてください。石を投げ入れると波紋が広がりますが、波紋が大きくなるほど広がる速度が遅くなっていきます。言葉もこの現象とよく似ており、都である京都に近ければ言葉が伝わる速度が速く、遠くなればなるほど時間がかかるのだとか。新しい言葉ができると年間600メートルから1キロほどの速度で伝承するといわれているので、都から1キロ離れたところに伝わるのは約1年後ですが、300キロ離れたところなら伝わるまでに300年~500年近くかかってしまう計算です。
そうしているうちに、都では次々と新しい言葉が生まれてくるため「都ではその言葉がなくなったのに地方では方言として生き残っている」という現象が起こった、と考えられているのです。言葉は都を中心にして円心円状に広がるとされているため、青森県と鹿児島県に同じ言葉が存在していることもあります。
次に、「国として独立していた」という説ですが、これも交通の便の悪さが関係しています。移動に時間がかかり他の地域になかなか行けなかったため外からの情報が入りにくい状況でした。ひとつの国として発展していくうちにその土地で通用する便利な言葉やおもしろい言葉が作り上げられ、広まっていった結果、隣の国とは違う特有の言葉が出来上がり、限られた範囲だけに伝わる言葉いわゆる「方言」が存在するようになった、と考えられています。
これらの二つの説が方言の成り立ちの要因だといわれていますが、それ以外にも「他国の隠密を発見するために難解な言葉を作り上げた」という説もあります。

方言とはなにか?

方言はその地域独特の言い回しだと思われていますが、言語学ではもっと広い意味で方言という言葉が使われています。「地域で特徴的な言葉」だけでなく「地域で話されている言葉すべて」が方言で、広島県の「じゃけん」などのような地域ごとの特徴的な言葉は「俚言(りげん)」と呼ばれています。
また、方言は日本にだけ存在するのではありません。海外にも方言とされる言語がありますが、特に英語圏では地域だけでなく「社会的階層」によっても言葉が異なります。そのため、言語学では地域方言(local dialect)と社会方言(social dialect)の両者を合わせて「方言」としています。

方言を勉強したい方におすすめ

  • 東京にも方言はある?
    東京にも方言はある?

    「東京は標準語だから方言はない」と思っている人も多いのではないでしょうか。ですが、東京には江戸時代から続いている下町言葉や標準語のベースとなっている山の手言葉などの方言が存在します。ここでは江戸言葉と山の手言葉について詳しく紹介していきます。

  • 東日本大震災で浮き彫りになった方言問題
    東日本大震災で浮き彫りになった方言問題

    診察の際にまずは患者さんへの問診を行いますが、方言がネックになって正確に理解できない、誤認される、といった問題も起こっています。この問題は平時でも起きていましたが、全国各都市から支援チームが集まった東日本大震災で顕著になりました。

  • 医療従事者は方言の勉強も必要?
    医療従事者は方言の勉強も必要?

    方言には独特のアクセントや発音があるため、その地域以外の人が正確に理解することはなかなかできません。そのため、地方の医療現場では患者さんのいいたいことがきちんと理解できるように、医療技術や知識だけでなく方言の取得も必要不可欠とされています。